エソジマ君の大分釣り日記

エソジマ君のほぼ大分アジング日記

主に大分での釣り日記です!ショアからのライトなルアーフィッシング(アジング、メバリング、エギング、ライトショアジギング等)と、2馬力ボートフィッシングをやっています!

四浦半島車中泊釣行[全編詳細]

11月23日15時頃、少しでも明るい時間帯に釣りを開始したかったので、バタバタと準備して出動です。



車中泊用の敷物、寝袋などと、タックルはライトショアジギ用2セットとエギング、アジング用各1セットの合計4セット!



クーラーは青物のことも考えて大きい奴も持っていきます😁



まずは、クーラー用の氷を買おうと近所の釣具屋に。



氷以外は買わないぞと心に誓って入店してのですが、見事にフッキングしてしまいました💦



本当はオレンジ系が欲しかったのですが、なんとなくこのカラーをチョイス!



急いで釣り場へ向かいます!



と言いつつ、まだ行き先をハッキリ決めてません💦



蒲江方面からランガンしまくって北上するか、四浦方面で一晩粘るか、、、はたまた鶴見方面で遊んでみるか、、、



とりあえず高速に乗り南下。



悩みに悩み、今回は移動にあまり時間を割きたくないと言うことで、四浦半島で一晩遊ぶことにしました。



津久見インターで高速を降り、途中にあるセイムスで飯関係を購入!



お湯を沸かすカセットコンロを忘れたので、ラーメン系は無理😭



車中泊の楽しみの一つでもあるので、ざんねんです、、!


途中途中で色んな釣り場をチラ見してましたが、全てスルー。
(どこも人が多かったです)

多くの人が泳がせでのイカ狙いの様でした。



その後もナブラをチェックしながら半島先端の方に向かっていたら、ゴロタサーフで鳥山を発見。



陸から30mくらいのところで、海面にガンガン突っ込んでいます。



ボイルやナブラは出てないのですが、何かいるかもと急いでラインをロッドに通してメタルマルを準備したのですが、出撃態勢が整った時には時すでに遅し、、、



鳥達は散っておりました、、、💦



一応数投するも無反応、、、



こーゆー事があると悔しいので、普段は必ず投げれる状態にしてから釣り場に向かうのですが、今回やってませんでした😭



逆に納竿時もルアーは付けたまま帰宅します。



ナブラ見つけたら即狙えるので!



慌てて出動したせいですね。



残念ですが、まだまだ先は長いので気を取り直して釣り場に移動です。



そして、ようやく無事にポイントに到着。



時刻は17時頃。



老夫婦がサビキでアジ釣りしているのみで、
他には誰もおりません😆



老夫婦に声をかけると、豆アジが爆釣とのことでした。



私は外向きでエギング開始です🦑



しかし、予想以上に風が強いです。



冬の?四浦半島は風が強いイメージしかないのですが、今回も強風💦



何故か、自分の中では2mくらいの予定だったので、ちょっと想定外。
(この後会ったおじさんに今夜は8m吹くと言われ、不安になる始末)



まあ、それでもひたすら風に向かってキャストしまくるのですが、思う様な飛距離が出ません。



途中で釣れるイメージが湧かず、豆アジングに浮気💦



老夫婦に一声をかけて、隣でキャストさせて貰うと直ぐにヒット。



予想通りではありますが、豆アジです!



掛けきれなくても、直ぐに次のアジがバイトしまくるので、簡単に釣れます😆



豆ですが楽しいです!



その後、エギングに戻るも不発。



エギングを諦め再度アジングに戻ると、やはり豆の猛攻は続きましが、遠目の深場を探ってみたら、少しマシな20センチがヒット!



よし、20センチ以上は持ち帰ろうと心に決め、クーラーボックスへ投入!



ここで少しはお土産確保しようと思っていたら、アジングあるあるです。



いざキープしようとクーラーに入れると、その後釣れなくなるというあるある😭



豆すら釣れませんし、アタリすらもありません。



あるあるの洗礼なのか、夕まずめパワーの威力が終わったのか、、、



岸壁の際でチビカサゴを釣ったところで場所移動することに。



とりあえず風の影響を受け難いであろう場所に向かいます。



移動途中の写真です。
(月明かりが強くてイカ釣れそうなんですけどね、、、風がなければ釣れる気しかしません!笑)



さて、移動先のポイントは車ベタ付けできる小さな漁港なんですが、釣り人は居ませんがベイトは鬼の様に居ます!
(最高です)



しかも、ベイトは何かに追われている様で、至る所で逃げまくるベイトが海面をバシャバシャやって逃げまくっています。



これはやるしかないですね。



先ほどの場所とは違い、風も全くないです😆



まずは長めのワームで表層チョイ下をリトリーブしつつ、たまにチョンチョントゥイッチ。



ラインにベイトが当たる数から相当な数のベイトが居るようです。
(目の前をよく見るとベイトの絨毯が出来てました💦)



簡単に釣れるだろうと思っていたのですが、ワームを変えたり層を変えたり、アクションを変えたりするものの、バイトすらありません、、、



これはやばい、、、



メバル用のミノーを通すもダメ、最後はメタルジグを投げてみると、よーやく釣れました!



ベイトが!笑
(このメタルジグ、超マッチザベイトでした!笑)



正体はキビナゴですね。



昔この辺の漁港で同じ様にキビナゴだらけになっているのを見たことあるので、時期的なものなのでしょうかね。



こーなると、次に考えるのは、、、



キビナゴは追われてる。



ルアーは食わない(食わせきれない)



んじゃ、キビナゴで釣ろう!



で、ジグヘッド+キビナゴルアー投入!



底まで落としてチョンチョンからのリトリーブ、、、



すると、いきなりギュイーーンとラインが走りました💦



簡単にヒットしたのでちょっと焦りましたが、釣れたのは予想していたアジでしたが、サイズは予想外の22センチ😭
(もーちょい欲しいとこ)



その後も、キビナゴ引っ掛けて



ジグヘッドに装着してアジ!を繰り返し少しづつ24.5までサイズアップ



途中、ジグヘッドでも簡単にキビナゴを引っ掛ける事が出来ることが分かり、手返し早くなりました!笑



ポツリポツリと釣っていると、男性の方が声を掛けて来られたので、釣り方を伝授!笑



すると、その方もジグヘッド+キビナゴでアジを釣られていました!



その後もキビナゴで釣っていると、今までに無い引きが。



ドラグを少しづつ締めるも藻に巻かれてラインブレイク😭



更にその次も先ほどより強い引き、、、



気持ちドラグを強くしていたのですが、ファーストランが止まりません、、、



パワーが違うーーー



ファーストランに耐えた後、浮かしにかかるのですが、再度走られラインブレイク2連発😭



アジなら尺オーバーは間違いないでしょうけと、恐らくシーバスだと思います。



その後シーバスが活発になったからか、アジが釣れなくなり、男性に別れを告げ移動することに。



その後二箇所立ち寄ったのですが、先ほどの状況とはまるで違い、ベイトは皆無で生命感もありません。



本当は釣り場で作る予定だったカップラーメンをコンビニで食べて、再度キビナゴが沸いている漁港へ戻ってみると、男性はまだ頑張っておられました。



今回は先程釣りきれなかったワームでチャレンジしてみることに。



しかも、普段使わないチャート?グロー系?(良く分かってないです💦)のワーム。



ベイトを意識して、少し長めのワームを使ってみます。
(レインズのアジキャロスワンプ)



底まで落とした後、チョンチョンフォールのアクションで狙ってみると、フォール中にコツンではなく、穂先をジワッと抑え込む様なアタリが!



合わせを入れると、乗ってます!
(この、コツンではなくてジワっと抑え込む微妙なアタリに合わせた瞬間に感じる重量感、大好きです❤️)



サイズは先程同様の24前後が3連発!



底のアタリがなくなったのでレンジを中層に変えるてみとヒット。



アタリパターンは先程と同じです。



これが本日最高の26センチでした!





その後しばらく頑張りましたがアタリもキビナゴも減っていき、ここで仮眠をとることに。



(一緒にやってた男性は持ち帰り用のキビナゴも釣っ、、、引っ掛けておられました!)



仮眠は2時間かもーちょいしか寝てないのですが、意外に目覚めはすっきりでした!



寝る時の外気温は8度



起きた時は7度でしたが、寒さを感じるなことなく眠れました。



さすが、卯opaさんに貰った寝袋です👍



で、昨夜のキビナゴは居るのかなーと海を覗いてみたのですが、全く居ません。



時折シーバスにガボッとやられているのが見えましたが、一部が残っているのみで、その量は昨夜の1割にも満たないくらいでしょうか。



と言うわけで、ここに残る理由もないので朝マズメポイントに移動です。



第一候補は激風の為NG。



そこで、途中通った漁港で釣り人1人しか居なかったポイント(今はどうか分かりませんが、昔はイカ、青物の一級ポイントで一度やってみたかった場所)でやってみることに。



夜明け前、、、月明かりが海を照らし、ライバルのエギもいない為、イカぎ私のエギに抱きつく可能性はほぼ100%😆



もはや釣れない理由が見つからない状況です!笑



そんな中、周りには徐々に青物狙いのショアジギンガーが増え、気付けば6組はおりました。



皆、タックル準備をして夜明けを待っているのですが、私は夜明けまでエギングです。



しかし、外向きだと斜め前方からの強風でやり難く、内向き、外向きと行ったり来たり💦



なかなか釣れないので昨夜購入したエギに変更しキャスト!



驚くほどの飛距離?で着水したのも分かりません。



とりあえずベールを戻してリールを巻いてみると、、、



PE途中から高切れしておりました。



原因は恐らく、スプールエッジのカエリに引っ掛かって切れたのだと思います。



こないだ付いた傷で、修理しようと思ってはいたのですが、忘れてました💦



早めにペーパーで磨かないといけませんね。



ダートマスターはなかなか早い殉職となりました👼



リーダーを結び直して、エギング再開です。



気持ち風が弱まったので外向きにキャスト。



底まで落とすと藻にかかるので、藻のちょい上を3回シャクってフリーフォール、途中からテンションフォールみたいなイメージでやっていると、遂にその時が!



指に掛けていたラインが、エギの重みよりちょい重いくらいの力で軽く引っ張られます。



ん?と思って指に集中!



すると、グイっグイッとラインが引っ張られ、合わせーーーー!



安心してください!



乗ってます👍



何度も噴射で抵抗するなかなか元気な奴です!



少しドラグを緩めにして、ゆっくり寄せてくると、掛かっているのは足2本のみと危ない感じ。



ジワッと抜き上げようか悩みましたが、ちょっと危険な感じだったので、タモを使って確実にゲットです。



重さは430gと(私にとっては)十分なサイズでした!



その後ちょっとだけエギングした後、皆につられてショアジギング開始。



水深は結構あるみたいで、40g、60gのメタルジグを使いましたが、着底まで30秒ちょい!



深さも雰囲気もあり、昔は?ブリクラスがショアから釣れると有名なポイント。



青物も釣れる気しかしません!笑



しかし、エソすら釣れないどころかアタリもなし💦



1時間ほどで見切りをつけ、車に戻ることに。



漁港から車まで200mくらい?を84歳のお婆ちゃんと話しながら歩きました。



イカ釣れたことをとても褒めてくれました!笑



風が強いですよねーって言ったら、これぐらい凪だよーとお婆ちゃん。



冬だけかもしれませんが、四浦は強風が吹く場所なんだなぁと実感。



お婆ちゃんと別れた後は、初ポイントに寄り道。



道なき岩場をタックル担いで散策、というか探検。



ようやく着いた場所でエギング、ショアジギングをやつてみたのですが、見事に根掛かりして、こないだ買ったメタルマル40gが殉職👼



悲しいですが、これで納竿とし帰路に着きました。



少しだけ自宅近所の埠頭で仮眠して帰ろうとしたのですが、まさかのサゴシナブラが沸いているみたい。



年配の方がメタルジグ投げてます。



慌ててタックルを取り出し、横に入れてもらいましたが、近場には寄って来ずノーバイト😭



その後も、遠くではありますがナブラが出続け、3隻の船がナブラ打ちしてました。



結局仮眠せずに、12時に帰宅。



約20時間の釣行が終わりました!



持ち帰りはこれだけ



そして夕飯に登場!



刺身



骨煎餅、アジフライ、ゲソの唐揚げ



良いサイズのアジフライが出来ました😆



やっぱりイカは美味しいですねーー😋



揚げたてのアジフライもフワフワで最高でした!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
旧ブログも宜しくです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
大分釣り日記 [ソルトルアー]


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ランキングに参加しています。
色んなブログが見れますよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 2馬力ボート釣りへ
にほんブログ村